日本外装の仕事の流れ

  • 7:55 出社 移動

    出社してからすぐ現場へ移動。迅速な作業のために時間を有効に使います。

  • 8:00~9:00 現場到着

    現場到着 作業に必要な資材は、現場の状況により発注も行います。

  • 9:00~11:00 現場作業

    人手不足の現場に補助で入ったり、
    異常がないかの確認をします。

  • 11:00~12:00 移動

    お昼前に次の現場近くに移動します。
    1日に2か所担当することもあります。

  • 12:00~13:00 昼休み

    昼休み 腹が減ってはいい仕事ができない。お昼は必ず食事をとってエネルギーを補給します。

  • 13:00~15:00 現場到着

    職人との打合せをすることで、進捗状況の確認をします。

  • 15:00~16:30 移動

    当日の進捗状況と今後のスケジュールを確認して事務所へ戻ります。

  • 16:30 帰社

    営業担当と当日の状況報告の
    打合せをします。

  • 16:45 雑務

    進行状況の把握をするために日報入力などの基本的なデスクワークを行います。

  • 17:10~ 退社

    当日の仕事と翌日の準備を終わらせ、帰宅。作業の状況によっては残業が
    発生します。

スタッフボイス

  • 何年目でも人から学ぼうという姿勢を忘れないこと

    主に現場の進捗状況の把握や資材発注、作業員との打合せなどを行う、現場管理に携わっています。現場の流れや施工の基本知識が必要なので、入社後約1年間は、職人の作業を間近で見ながら、一緒に作業をします。
    現在、ロープ高所作業特別教育修了証と雨漏り診断士資格を持っています。雨漏り診断士の資格は筆記テストがあるのですが、社長にご指導いただき受かることができました。その後、自分ひとりで行った工事で雨漏りが止まり、お客様から感謝された時はやりがいを感じました。
    また、入社1年目のときに先輩から「何年目でも人から学ぼうという姿勢を忘れないこと」と言われたことが印象に残っています。入社7年目の現在も常に学ぶ姿勢を忘れないことを心掛け、これまでの現場管理、施工技術向上に励んでいます。現在の目標は、営業職に就きスタッフ全員で一緒に日本外装を支えていきたいと考えています。

    入社7年目 奥村 直人
  • 失敗を恐れず何事にも挑戦できる自分になれました。

    私は、待遇に魅力を感じて現場作業員として入社しましたが、高校生の時に簿記の資格を取得していたので経理・総務へ異動になりました。
    最初は、不安や心配の中で業務に取組むこともありました。そんな中、社長から「失敗してもいいんです。失敗しながら成長し、勉強にもなるんです」との言葉をいただきました。この言葉があるから、今でも失敗を恐れず何事にも挑戦することできています。
    現在は、事務所で総務・経理や電話対応の仕事を1人でこなしています。経理の仕事では、会社のお金を預かるという、責任の重い仕事をしていますが、とてもやりがいを感じています。お客様とも直接関わることはないのですが、電話で「いつも元気がいいね」と言われることもあります。覚えて貰えていると思うと嬉しくなります。また、日本外装の良いところは、社長と社員の距離が近いことです。自由に自分の意見が言える会社で、社長はもちろん耳を傾けてくれますし、みんなも一緒に考え、答えを導き出してくれます。お互いの意見が交換できる、風通しの良い働きやすい職場です。

    入社23年目 高橋 睦
  • OJT研修や資格取得制度で無理なくスキルアップ。

    日本外装への入社のきっかけは、友人の紹介でした。当時は、アルバイト(現場作業員)として入社したのですが、実際に働いてみたところ、社風が気に入り、やがて社員として働くようになりました。その後、営業部へ移動。今は営業業務を中心に現場管理や作業補助などを担っています。
    入社後の研修では、[安全は全てに優先する]に基づき、工事の提案から実際の作業まで安全に対する意識を常にもつように、指導・研修が徹底されます。現場経験がなくても、先輩が一から教えてくれ、困ることがあれば助けてくれるので安心して働けます。また、上下関係がなくみんながサポートしてくれます。業務に必要な資格は全て会社負担してくれるので、無理なく資格を取得できますし、スキルアップにもつながります。私は、ロープ高所作業特別教育、雨漏り診断士資格、ゴンドラ特別教育の資格を取得しています。
    作業員時代も、現在の営業職でもそうなのですが、お客様から「頼んで良かった」の一言をいただけたときや、他社では解決できなかった難しい案件を解決できたときは、喜びと共に仕事への自信につながりました。今後も、お客様の期待を超えるご提案やサービスができるように、時代の変化に対応しつつ、専門知識の向上やスキルを磨き続けていきます。

    入社23年目 内田 博昭
  • 自分の声やアイデアが実現できる会社。
    だからこそ、責任を持った行動ができるようになりました。

    転職に伴い、未経験の業種ではありますが、前職の知識や経験も活かすことができ、新たにスキルも伸ばせるのではと、日本外装に就職を決めました。
    現在、営業部で営業及び施工管理の仕事をしているのですが、入社当時は営業職に向けて、数年間現場での仕事を経験しました。その経験は、今でも非常に役立つ貴重な時間でした。
    先輩から、当たり前のことをルーチン化せず、大事な基本事項として常に心掛けて行動することを教わりました。また、雨漏り診断士の資格を取得する際は、わからないことを教えていただいたり、勉強時間確保のために融通をきかせてもらいました。会社のバックアップや仲間の協力のおかげで、余裕をもって試験へ臨めました。当社の特長として、各自のアイデアや行動を尊重し、比較的自由に仕事をさせてもらうことができます。その分、自分の行動や発言に責任をもたなければなりません。お客様にとって良いサービスを提供するには、常に責任のある仕事を私たちはしています。
    自分を信用して工事をお任せいただくからには、「やって良かった。綺麗になって嬉しい」と喜んでいただきたい。だからこそ、決していい加減なことはできません。
    これからも、お客様と強い信頼感を築けるよう、さらに立ち居振る舞いに磨きをかけ、安心してお話しを進めさせていただける営業マンであり続けたいと思います。

    入社11年目 二宮 圭太郎